会津藩のためなら命すら!烈女と呼ばれ婦女隊も結成した中野竹子の荒々しくも儚い生涯

Japaaan

会津藩のためなら命すら!烈女と呼ばれ婦女隊も結成した中野竹子の荒々しくも儚い生涯

幕末にあたる慶応4年(1868)に勃発した戊辰戦争の一局である会津戦争。 この戦争には新島八重を始めとした女性たちも武装し、新政府軍と戦いました。その女性たちの中でも気性が激しい女性の意味である烈女と呼ばれた女性がいました。 その女性の名は中野竹子(なかの-たけこ)。 今回は会津のために戦った女性の一人である竹子の烈女と呼ばれるに相応しい生涯をご紹介します。 中野竹子/Wikipediaより 才能溢れる才女だった竹...

「会津藩のためなら命すら!烈女と呼ばれ婦女隊も結成した中野竹子の荒々しくも儚い生涯」のページです。デイリーニュースオンラインは、中野竹子会津幕末江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧