ジンベイザメの目は大量の歯に似たウロコで覆われていた(日本研究)

カラパイア

ジンベイザメの目は大量の歯に似たウロコで覆われていた(日本研究)
ジンベイザメの目は大量の歯に似たウロコで覆われていた(日本研究)

ジンベエザメの目の秘密 /iStock 世界最大の魚である「ジンベエザメ」は、サメという名前からは想像できないほど穏やかなヤツだ。 熱帯・亜熱帯・温帯の海をゆったりと泳ぎながらプランクトンを食べるだけなので、サメと言っても、人間に危害を加える可能性はかなり低い。 そんなのんびり屋の彼らになんだかクリーチャー的な特徴が発見された――それは眼球を覆う無数の歯である。正確には歯に見えるウロコである。 どことな...

「ジンベイザメの目は大量の歯に似たウロコで覆われていた(日本研究)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧