「狂人」といわれた男。徳川3代将軍・家光の実弟「徳川忠長」28年の生涯【その2】

Japaaan

「狂人」といわれた男。徳川3代将軍・家光の実弟「徳川忠長」28年の生涯【その2】

神君家康の孫、徳川2代将軍秀忠の息子として一時は将軍後継の最有力とまで目されたものの、わずか28年の生涯を自刃という形で終えた「徳川忠長」。 今回は前回【その1】に続き「駿河大納言・徳川忠長」の生涯をご紹介する。 前回の記事 「狂人」といわれた男。徳川3代将軍・家光の実弟「徳川忠長」28年の生涯【その1】 元服から「駿河大納言」へ 1620年元服。正式に「忠長」と名乗った。同年、織田信長の孫である織田信良...

「「狂人」といわれた男。徳川3代将軍・家光の実弟「徳川忠長」28年の生涯【その2】」のページです。デイリーニュースオンラインは、駿河大納言秀忠徳川忠長家康家光カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧