“忠臣蔵”江戸城松の廊下刃傷事件浅野内匠頭「キレた理由は悪口」!

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

赤穂事件、いわゆる忠臣蔵における最大の謎は元禄一四年(1701)三月一四日、勅使饗応役となった浅野内匠頭長矩がなぜ、江戸城内松の廊下で不意に吉良上野介義央に斬り掛かったのか――だろう。これまでにもこの連載で何度か取り扱った事件の最大の謎に、新たな視点を交えながら迫ってみたい。  当時、幕府は毎年正月に朝廷に使者を遣わし、年賀の挨拶を実施。その答礼として朝廷から天皇の使者(勅使)と上皇(院)の使者...

「“忠臣蔵”江戸城松の廊下刃傷事件浅野内匠頭「キレた理由は悪口」!」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸幕府喧嘩歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧