坂本龍馬と薩長盟約実現に奔走! 中岡慎太郎「“暗殺前”日記の中身」

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

幕末の志士である武市半平太が旗揚げした「土佐勤王党」で、坂本龍馬とともに四天王の一人に数えられる中岡慎太郎。二人は同じ土佐の出身で、薩長盟約の実現に奔走し、京の近江屋で揃って刺客に襲われて命を落とした。  だが、龍馬の生家が豪商から郷士に成り上がったのに対し、慎太郎は大庄屋の出身で、前者が口達者なイメージが強い一方、後者は至誠剛直と評されたように、実際は似ているようで似ていない。  また、幕末...

「坂本龍馬と薩長盟約実現に奔走! 中岡慎太郎「“暗殺前”日記の中身」」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸幕府西郷隆盛坂本龍馬歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧