その日その日家族は現れなかった。ドタキャンされた保護犬が新たなる飼い主に巡り合うまでの物語(コロンビア)

カラパイア

その日その日家族は現れなかった。ドタキャンされた保護犬が新たなる飼い主に巡り合うまでの物語(コロンビア)
その日その日家族は現れなかった。ドタキャンされた保護犬が新たなる飼い主に巡り合うまでの物語(コロンビア)

引き取り当日にドタキャンされた子犬の物語 image credit:rescatamebogota/Instagram 保護施設にいた生後3か月の小犬は、その日を楽しみに待っていた。もうすぐ永遠の家族となる飼い主たちが迎えにきてくれるからだ。 施設側では、この日のためにタキシード風のスカーフを用意してあげた。かわいく着飾った子犬は興奮を抑えきれない様子だった。 ところが... 待てど暮らせど家族はやってこなかった。引き取り当日になって、...

「その日その日家族は現れなかった。ドタキャンされた保護犬が新たなる飼い主に巡り合うまでの物語(コロンビア)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧