パレスチナガザ地区の海岸でイトマキエイが大量死

カラパイア

パレスチナガザ地区の海岸でイトマキエイが大量死
パレスチナガザ地区の海岸でイトマキエイが大量死

パレスチナのガザ地区沿岸で、2月末、200匹を超える大量のエイの死体が発見されたそうだ。浜辺に打ち上げられたのは、エイの仲間で一番大きい種類の「オニイトマキエイ」。オニイトマキエイは成長すると全長約5メートルにもなる暖海性のエイで、学者たちはなぜ?と首を傾げ、漁師らは天からの恵みだ!と解体作業にいそしんだという。HUNDREDS OF DEAD MOBULA RAYS 17FT IN LENGTH WASH UP ON GAZA SHORES WEDNESDAY (FEB 28, 20...

「パレスチナガザ地区の海岸でイトマキエイが大量死」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧