トミカ1台に30万円の値がついた理由とは?「赤箱よりも黒箱に価値が…」

Asagei Biz

写真はイメージです
写真はイメージです

男性ならば、小さい頃に誰もが遊んだ経験があるメジャーな玩具、ミニカー。その代名詞ともいえるのが、タカラトミー(旧・トミー)のトミカだ。 1970年に6車種で販売開始され、現在までに販売された車種は約1000種。累計販売個数は6億4000台以上という怪物商品である。全長7センチ程度の大きさのトミカだが、累積販売台数を並べると地球を一周する長さだというから驚きである。 それだけ多くの数が販売されていれば、プレミア...

「トミカ1台に30万円の値がついた理由とは?「赤箱よりも黒箱に価値が…」」のページです。デイリーニュースオンラインは、スター・ツアーズ スタースピーダー3000ギャランGTOニッサングロリアバンフェアレディZ432元手タダ“家ゴミ→お宝化”計画マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧