幕末最大の悲劇「水戸天狗党の乱」武田耕雲斎処刑の裏に徳川慶喜!

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

幕末の水戸藩士に武田耕雲斎という男がいる。父は跡部正続。もともとの名を跡部彦九郎正生という。  耕雲斎は跡部家の宗家を継いだものの、この姓を嫌い、父が跡部家の主筋である甲斐武田の流れだったことから武田姓に改めた。その理由は、武田勝頼)の重臣だった跡部勝資が武田を滅ぼした佞臣といわれたからで、耕雲斎は藩の執政として敏腕を振るったが、水戸天狗党の首領として幕府軍に追討され、まともに取り調べを受ける...

「幕末最大の悲劇「水戸天狗党の乱」武田耕雲斎処刑の裏に徳川慶喜!」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸幕府徳川慶喜歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧