身内殺しの策略家。戦国三大悪人の一人「宇喜多直家」の悪しき所業【前編】

Japaaan

身内殺しの策略家。戦国三大悪人の一人「宇喜多直家」の悪しき所業【前編】

松永久秀・斎藤道三と並び、戦国の三大悪人と呼ばれる「宇喜多直家(うきたなおいえ)」。直家を悪人たらしめる由縁は、度重なる謀殺や暗殺を繰り返した事実だろう。 今回は、戦国切っての策謀家・宇喜多直家の所業をご紹介する。 宇喜多直家 Wikipediaより 苦しい子供時代 1529年。備前国(現在の岡山県)の国人であった父「宇喜多興家(うきたおきいえ)」の子供として生まれる。祖父「能家(よしいえ)」は、備前国で守護...

「身内殺しの策略家。戦国三大悪人の一人「宇喜多直家」の悪しき所業【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、宇喜多能家備前国宇喜多直家戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧