米陸軍、従来より40%も軽い携帯用戦闘糧食を開発中。近接戦闘時に使用

カラパイア

米陸軍、従来より40%も軽い携帯用戦闘糧食を開発中。近接戦闘時に使用
米陸軍、従来より40%も軽い携帯用戦闘糧食を開発中。近接戦闘時に使用

従来より40%軽い戦闘糧食を開発 Military_Material/pixabay 現在、アメリカのマサチューセッツ州にある陸軍戦闘配給局が、従来の戦闘糧食(MRE)よりも総重量を40%軽減した近接戦闘用の携帯用食料『CCAR(Close Combat Assault Ration)』を開発中だ。 軽くなったらおいしくなくなっちゃうんじゃない?と心配しちゃうわけだが、味はもちろん、栄養価値の高い食品の加工技術を使用し、包装の見直しもなされてコンパクトにな...

「米陸軍、従来より40%も軽い携帯用戦闘糧食を開発中。近接戦闘時に使用」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧