感染拡大でも“日米同時株高”の謎、バブルをもたらす「現代貨幣理論」とは?

Asagei Biz

写真はイメージです
写真はイメージです

11月25日、日経平均は一時500円の上げ幅を見せて2万7000円を突破する場面もあり、最終的には2万6296円で引けたものの、相変わらずバブル以来29年ぶりの最高値を更新しつつある。アメリカも事情は同じで、2017年1月にトランプが大統領に就任直後に記録したダウ平均2万ドルを超えたどころか、史上初の3万ドル超えと、もはやバブルの様相さえ呈している。「理由はなんと言っても、ファイザーに始まりモデルナ、アストラゼネカとコ...

「感染拡大でも“日米同時株高”の謎、バブルをもたらす「現代貨幣理論」とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、MMT現代貨幣理論モデルナファイザーアストラゼネカマネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧