11歳のビョークの歌声。学芸会で披露した曲の録音テープ(1976年)

カラパイア

11歳のビョークの歌声。学芸会で披露した曲の録音テープ(1976年)
11歳のビョークの歌声。学芸会で披露した曲の録音テープ(1976年)

今や世界的な歌手として知られている、アイスランド出身のビョークだが、1976年、彼女が11歳の時学校の学芸会で披露した歌声が公開されていた。 その曲はティナ・チャールズの「I love to love」。これがビョークの歌を最初に録音したものだと言われている。I love to love - Bjork (1976) ビョーク・グズムンズドッティル(1965年11月21日~)は4歳の頃から作曲を始め、7歳から地元の音楽学校に通いフルートやピアノ、クラシ...

「11歳のビョークの歌声。学芸会で披露した曲の録音テープ(1976年)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧