江戸時代の天才発明家「からくり儀右衛門」の傑作・弓曳童子はなぜ矢を一本外すのか?

Japaaan

江戸時代の天才発明家「からくり儀右衛門」の傑作・弓曳童子はなぜ矢を一本外すのか?

発明王と聞くと、多くの方はエジソンを思い浮かべるかと思いますが、彼よりおよそ半世紀前、江戸時代の日本でも「からくり儀右衛門(ぎゑもん)」と呼ばれた天才発明家が活躍していました。 「からくり儀右衛門」の二つ名で知られた田中久重。Wikipediaより。 彼の名前は田中久重(たなか ひさしげ)。数々の発明によって世の人々を驚かせ、後に東芝(芝浦製作所)の創業者となった彼ですが、その代表作の一つに「弓曳童子(...

「江戸時代の天才発明家「からくり儀右衛門」の傑作・弓曳童子はなぜ矢を一本外すのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、田中久重発明江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧