将軍に年貢減免を直訴して処刑!?“農民の神”佐倉惣五郎「義民伝説」

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

江戸時代の天明年間(1781~1789年)といえば、浅間山が噴火し、大飢饉が東北を中心に日本列島を襲った時代。当時はヨーロッパでも天候不順による食糧不足が深刻化したことから、パンが値上がりして庶民の不満が募り、やがてフランス革命に発展したように、世界中が新型コロナウイルスに喘ぐ現在と、どこか似た状況にありはしないだろうか。  その天明年間には江戸で民衆運動の打ちこわしが相次ぐ一方、地方では惣百...

「将軍に年貢減免を直訴して処刑!?“農民の神”佐倉惣五郎「義民伝説」」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸幕府新型コロナウイルス歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧