戦国最強の騎馬隊。武田軍の「赤備え」を組織した兄弟武将【前編】

Japaaan

戦国最強の騎馬隊。武田軍の「赤備え」を組織した兄弟武将【前編】

戦国期を代表する武将「武田信玄(たけだしんげん)」は、卓越した手腕で甲斐武田氏の全盛期を築き上げた。武田氏の台頭には巨大な軍事力で信玄を支えた武田軍の存在があったが、中でも真紅の鎧に身を包み無敵を誇った騎馬隊は「赤備え」と形容され、敵国を圧倒した。 今回は、甲斐武田氏の軍事力基盤として機能し、騎馬隊の基礎を作った2人の武将をご紹介する。 飯富虎昌(Wikipediaより) 戦国における「赤」の意味 戦国時...

「戦国最強の騎馬隊。武田軍の「赤備え」を組織した兄弟武将【前編】」のページです。デイリーニュースオンラインは、赤備え戦国時代武田信玄カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧