勝てば何でもありじゃない!源義経の命令で射殺された黒革縅(くろかわおどし)の鎧武者

Japaaan

勝てば何でもありじゃない!源義経の命令で射殺された黒革縅(くろかわおどし)の鎧武者

……与一目をふさいで南無八幡大菩薩別しては我国の神明日光権現宇都宮那須温泉大明神願はくはあの扇の真中射させて賜ばせ給へ…… 【意訳】 与一が目を閉じて念じるには「南無八幡大菩薩、そして我が故郷の神々よ、どうかあの扇の真ん中を射止めさせたまえ……」 ※『平家物語』より。以下同じ 時は平安末期「源平合戦」のハイライトとして有名な「扇の的」。弓の達人として知られた那須与一(なすの よいち)が源氏方の大将・源義経...

「勝てば何でもありじゃない!源義経の命令で射殺された黒革縅(くろかわおどし)の鎧武者」のページです。デイリーニュースオンラインは、那須与一鎌倉武士源義経源平合戦武士道カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧