おびただしい数の人骨が散らばるヒマラヤの湖、スケルトンレイクの謎

カラパイア

おびただしい数の人骨が散らばるヒマラヤの湖、スケルトンレイクの謎
おびただしい数の人骨が散らばるヒマラヤの湖、スケルトンレイクの謎

インド側からヒマラヤ高地へのトレッキングには、最寄りの村からでも4~5日かかる。そんな人里離れた遠方の地に、氷河湖ループクンド湖はある。 険しい氷河の間に宝石のような水を湛えた美しい場所だが、ひとつだけ異様な風景が見られる。湖のまわりにおびただしい数の人骨が散らばっているのだ。 その為、スケルトンレイクとしても知られているが、いったいなぜここには人骨が大量に放棄されているのだろう?・年代も、人種...

「おびただしい数の人骨が散らばるヒマラヤの湖、スケルトンレイクの謎」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧