炭疽菌からエボラまで。使用されたら危険な生物兵器になりうる10の細菌・ウイルス

カラパイア

炭疽菌からエボラまで。使用されたら危険な生物兵器になりうる10の細菌・ウイルス
炭疽菌からエボラまで。使用されたら危険な生物兵器になりうる10の細菌・ウイルス

photo by iStock 生物兵器の歴史は1155年にまでさかのぼる。赤髭王の異名を持つローマ皇帝フリードリヒ1世は、水源を遺体で汚染して敵を苦しめた。だが、より明確な形で生物兵器がこの世に誕生したのは、微生物学の発展によるものだ。 疫病の恐ろしさは我々がまさに身をもって体験しているところだ。ゆえに、それが軍事利用されたときの恐怖は、生々しいまでに感じられる。以下では、使用されたら危険極まりない10の生物兵器...

「炭疽菌からエボラまで。使用されたら危険な生物兵器になりうる10の細菌・ウイルス」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧