後北条氏を滅亡させた「最後の当主」北条氏直「秀吉に降伏の舞台裏」!

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

戦国時代、長享の乱で上杉氏の勢力が弱体化した隙を突き、伊勢宗瑞(北条早雲)が小田原城を奪い取って相模国に足場を築いて以降、北条氏は関東八か国(関八州)のほぼ全域にまで勢力を拡大した。  その譜は北条氏綱-氏康-氏政と続いたものの、五代目の氏直で廃絶。関東支配は終焉を迎えた。その原因は、どこにあったのか。  北条氏直は永禄五年(1562)生まれとする説が最も有力で、越後の長尾景虎(上杉謙信)がこ...

「後北条氏を滅亡させた「最後の当主」北条氏直「秀吉に降伏の舞台裏」!」のページです。デイリーニュースオンラインは、北条氏直北条氏康北条早雲戦国武将豊臣秀吉エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧