夏の食中毒から身を守れ!「アブナイ落とし穴」

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

梅雨時の7月、気をつけなければならないのが、食中毒だ。 「6月17日、富山市内の小学校・保育施設で、なんと1000人以上の集団食中毒が発生しました。原因は、給食に出された牛乳の中に、製造過程で使われた配管に残っていた、固形物中の細菌が入ったためと見られています」(地方紙記者)  食中毒の主な原因はウイルスと細菌だが、高温多湿のこの時期は、病原大腸菌やウェルシュ菌など、後者のケースが多い。今は細...

「夏の食中毒から身を守れ!「アブナイ落とし穴」」のページです。デイリーニュースオンラインは、桑満おさむ梅雨カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧