戦時中、兵器を作る材料として集められた教会や市庁舎の鐘の保管場所「鐘の墓地」

カラパイア

戦時中、兵器を作る材料として集められた教会や市庁舎の鐘の保管場所「鐘の墓地」
戦時中、兵器を作る材料として集められた教会や市庁舎の鐘の保管場所「鐘の墓地」

image by: Grassmayr Bell Museum/Wikimedia Commons 二度の大きな世界大戦では世界各国で兵器を作る金属資材が不足していた。特に教会や市庁舎の鐘は青銅製であることから、戦時中は重要な素材となるため、ドイツでは自発的、あるいは国から強制的に徴用され、溶解されて軍需産業に使用されたのである。 これらの鐘が集められた場所は「鐘の墓地」と呼ばれている。・ドイツと金属寄付の歴史 第一次、第二次世界対戦時、ドイ...

「戦時中、兵器を作る材料として集められた教会や市庁舎の鐘の保管場所「鐘の墓地」」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧