「いい子でいる必要はなかった」元球児の作家が見た「甲子園がなかった夏」(1)

新刊JP

『あの夏の正解』(新潮社刊)の著者・早見和真さん
『あの夏の正解』(新潮社刊)の著者・早見和真さん

8月29日に智辯和歌山高校の優勝で幕を閉じた全国高等学校野球選手権大会(以下、夏の甲子園)。 部員のコロナ感染による出場辞退や度重なる雨天順延がありつつ、なんとか全日程を消化した形だが、こうなると中止となった昨年の3年生の無念が今あらためて際立つ。 作家・早見和真さんの『あの夏の正解』(新潮社刊)は、春夏ともに甲子園が中止になり、野球をすることの目標と意味を根底から揺さぶられた昨年の3年生の姿に迫る...

「「いい子でいる必要はなかった」元球児の作家が見た「甲子園がなかった夏」(1)」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧