友人と飲酒した18歳少年、締め切った自動車に取り残されて死亡 友人は「暑さで起きると思った」と話す

リアルライブ

画像はイメージです
画像はイメージです

今年7月、沖縄県で18歳の少年が飲酒後、車の中で死亡していたことが判明。その行動が物議を醸している。 警察によると、死亡した少年は今年7月10日夜、沖縄県内の海岸で約10人と酒を飲んだ後、少年を含めた3人が友人の車で移動。その際、少年は助手席で眠っており、そのまま翌日の朝10時に友人の自宅駐車場に到着した。 34歳男、コンビニ駐車場で他人の自動車を汚物で汚す 防犯カメラの映像から発覚 友人は少年を助手席に残...

「友人と飲酒した18歳少年、締め切った自動車に取り残されて死亡 友人は「暑さで起きると思った」と話す」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧