歌川芳員の浮世絵に出てくる珍獣、虎子石がポーチとクッションになって現世に蘇る!

カラパイア

歌川芳員の浮世絵に出てくる珍獣、虎子石がポーチとクッションになって現世に蘇る!
歌川芳員の浮世絵に出てくる珍獣、虎子石がポーチとクッションになって現世に蘇る!

[画像を見る] 江戸時代の浮世絵師、歌川芳員が描いた浮世絵の中に登場する「虎子石(とらこいし)」は、虎の手足と石の胴体を持った現代にも通じる愛らしい珍獣だ。 国内有数の浮世絵コレクションを誇る「太田記念美術館」と「フェリシモミュージアム部」がコラボして、虎子石がモフモフとなって現世に蘇ったようだ。 小物を入れて持ち運べるポーチと、中に湯たんぽも入れられるクッションは、見ているだけで癒されるゆる...

「歌川芳員の浮世絵に出てくる珍獣、虎子石がポーチとクッションになって現世に蘇る!」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧