「手指の消毒」がフラグになっちゃう... 神保町に「注文の多い料理店」出現?込められたのは町への思い

Jタウンネット

「手指の消毒」がフラグになっちゃう... 神保町に「注文の多い料理店」出現?込められたのは町への思い
「手指の消毒」がフラグになっちゃう... 神保町に「注文の多い料理店」出現?込められたのは町への思い

「どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はありません」入り口にこんな言葉が書かれていた店があったら、皆さんは中に入るだろうか。宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」を読んだことがあれば、ホイホイと無警戒に入店するような真似はしないだろう。このフレーズは作中に登場する「西洋料理店 山猫軒」の入り口の戸に書かれているもの。山奥に狩りをしに行った青年ふたりがお腹を空かせているところにこの店が現れ、彼ら...

「「手指の消毒」がフラグになっちゃう... 神保町に「注文の多い料理店」出現?込められたのは町への思い」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧