原巨人に囁かれる最悪の結末「優勝の引き立て役に?」

Asagei Biz

原巨人に囁かれる最悪の結末「優勝の引き立て役に?」
原巨人に囁かれる最悪の結末「優勝の引き立て役に?」

原巨人が“二重苦”に直面した。佐々岡カープの猛追により、クライマックスシリーズ進出があやしくなってきたのはもちろんだが、目の前で東京ヤクルト・高津臣吾監督の胴上げを見せられる可能性も出てきたのだ。 10月19日、ヤクルトの優勝マジックナンバーが「4」となった。それを指して、こんな声も聞かれた。「阪神は本拠地甲子園でヤクルトとの2連戦を戦います。2位阪神は目の前で胴上げを見たくない一心です。総力戦となるで...

「原巨人に囁かれる最悪の結末「優勝の引き立て役に?」」のページです。デイリーニュースオンラインは、原辰徳坂本勇人巨人野球スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧