『ゴリラ爺さん』『下町のロボット』図書館に寄せられた「覚え違いタイトル」の世界

新刊JP

『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』(講談社刊)
『100万回死んだねこ 覚え違いタイトル集』(講談社刊)

たくさん本を読みたい人にとっては、図書館はなくてはならない場所だ。しかし、時には探している本のタイトルがうろ覚えであったり、ど忘れしてしまったりするときもある。 あの本のタイトルなんだっけ。こんな雰囲気で、中身はこんな感じで…。 そんなあやふやな質問に真摯に答えてくれるのが、図書館の司書さんだ。図書館の役割の一つに「レファレンス」がある。これは、利用者が探している「情報」にたどりつけるよう、司書...

「『ゴリラ爺さん』『下町のロボット』図書館に寄せられた「覚え違いタイトル」の世界」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧