身売り、遊女の悲哀…童謡「はないちもんめ」や「ずいずいずっころばし」に秘められた残酷な意味とは?

Japaaan

身売り、遊女の悲哀…童謡「はないちもんめ」や「ずいずいずっころばし」に秘められた残酷な意味とは?

有名なあの童謡の由来は… 童謡には悲しい・あるいは暗い由来を持つものがいろいろありますが、特に生々しく悲劇的に感じられるのは『はないちもんめ』でしょうか。皆さんはこの歌の由来はご存じですか? 地域によって歌詞には違いがありますが、大体このような内容です。 勝ってうれしい はないちもんめ 負けてくやしい はないちもんめ となりのおばさんちょっと来ておくれ 鬼がいるから行かれない お釜かぶってちょっと来て...

「身売り、遊女の悲哀…童謡「はないちもんめ」や「ずいずいずっころばし」に秘められた残酷な意味とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、由来雑学童謡カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧