「自分は何も信じられない人だった」川村元気が新作小説で「信仰」をテーマにした理由

新刊JP

『神曲』を執筆した川村元気さん
『神曲』を執筆した川村元気さん

小鳥店を営む檀野家の穏やかな日常は、通り魔事件という悲劇によって終わりを告げた。 息子を殺され、悲しみに暮れる檀野家のもとに、不思議な合唱隊が訪れる。その歌声に次第に救われていく妻と娘。しかし、それは新興宗教だった。 宗教にのめり込んでいく妻・響子を、なんとか救い出そうとする夫・三知男。響子とともに合唱の練習に参加する娘・花音。物語が進むにつれて明かされていく家族の秘密。そして、3人を通して描か...

「「自分は何も信じられない人だった」川村元気が新作小説で「信仰」をテーマにした理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧