プロ野球・原辰徳監督「巨人“壊滅状態”の大惨敗」でFA補強をやめた!「大きな方針転換」の真実

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

「今年は壊滅状態。まったくダメでしたね」  2021年シーズンは、借金1で3位に沈んだ巨人。巨人OBの関本四十四氏がこう嘆息するように、優勝候補筆頭のはずが、優勝したヤクルト、2位の阪神から11ゲームもの差をつけられた“大惨敗”となった。  主軸の不振や補強の失敗など敗因は数あれど、特に大きなウィークポイントとなったのは投手陣だった。 「桑田(真澄)がコーチに就任し、先発130球をメドにしていた...

「プロ野球・原辰徳監督「巨人“壊滅状態”の大惨敗」でFA補強をやめた!「大きな方針転換」の真実」のページです。デイリーニュースオンラインは、原辰徳プロ野球エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧