唯一の種とされていた古代生物「オパビニア」に第2の種がいることが判明

カラパイア

唯一の種とされていた古代生物「オパビニア」に第2の種がいることが判明
唯一の種とされていた古代生物「オパビニア」に第2の種がいることが判明

[画像を見る]image credit:artwork by F. Anthony 多種多様な地球の生物群がほぼ出揃ったとされるカンブリア紀には、「カンブリアンモンスター」と呼ばれる奇妙な生物が登場した。 アノマロカリスやハルキゲニア、マーレラにウィワクシアなどなど、ユニークな生物が盛りだくさんだ。5つ目の頭部からハサミのついた吻が伸び、両脇にいくつものヒレとエラがある「オパビニア類」もその1種である。 これまでオパビニア類に属...

「唯一の種とされていた古代生物「オパビニア」に第2の種がいることが判明」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧