造形後に温めれば、形の変更も復元も自由自在!医療用ギブスも簡単に制作できる、3Dプリンター用「形状記憶ポリマーフィラメント」の造形レポートが公開

バリュープレス

日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース画像
日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース画像

「形状記憶ポリマーフィラメント」は、体への安全性が認められたこともあり、医療業界を中心に導入が加速しています。レポートでは、ギブスとして使えるリストバンドの造形テストの内容を掲載。造形後は、お湯で柔らかくすることで形状を調整できるため、手首にピッタリ合ったギブスが完成しました。 企業・教育機関向け3Dデジタルソリューションの提供などを手がける日本3Dプリンター株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役...

「造形後に温めれば、形の変更も復元も自由自在!医療用ギブスも簡単に制作できる、3Dプリンター用「形状記憶ポリマーフィラメント」の造形レポートが公開」のページです。デイリーニュースオンラインは、フィラメント3Dプリンターネットなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧