江戸時代には花粉症がなかった!?江戸時代の国民病にはどんなものがあったのか?

Japaaan

江戸時代には花粉症がなかった!?江戸時代の国民病にはどんなものがあったのか?

春といえば花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか。日本人の4人に1人がかかっているといわれる花粉症は、まさに「国民病」。 スギやヒノキは昔から日本に多く存在しており、日光街道など往来の多い杉並木もあったことから、さぞ昔の御先祖様たちも苦しんでいたに違いない…と思ったら、実は花粉症は現代になって発症するようになったもの。このことはご存じの方も多いかもしれませんね。 実は花粉症の発症は現代医学...

「江戸時代には花粉症がなかった!?江戸時代の国民病にはどんなものがあったのか?」のページです。デイリーニュースオンラインは、江戸時代病気カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧