執権の立場は重々承知…それでも弟の危機に駆けつけた「北条泰時」の兄弟愛【鎌倉殿の13人】

Japaaan

執権の立場は重々承知…それでも弟の危機に駆けつけた「北条泰時」の兄弟愛【鎌倉殿の13人】

総大将たる者、前線で武功を競うような軽挙は厳に慎むべし。 今も昔も、立場が高まるほど責任も重大となり、自ら動くより人に命じることが多くなります。みだりに動いて、大局を見据える視点を失っては組織が動かなくなるからです。 しかし時には立場にとらわれず、何をおいても駆けつけねばならぬ場面も間々あるもの。 鎌倉幕府の第3代執権として活躍した北条泰時(イメージ) そこで今回は鎌倉幕府の第3代執権・北条泰時(ほ...

「執権の立場は重々承知…それでも弟の危機に駆けつけた「北条泰時」の兄弟愛【鎌倉殿の13人】」のページです。デイリーニュースオンラインは、平盛綱北条朝時北条泰時北条氏三浦義村カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧