地球温暖化でワインの味が化学的に変わりつつある

カラパイア

地球温暖化でワインの味が化学的に変わりつつある
地球温暖化でワインの味が化学的に変わりつつある

[画像を見る] ワインの原料となるブドウの品質は、気候などの栽培条件によって大きく左右される。地球温暖化はその土地ならではのワインの味を台無しにしてしまう可能性があると、生産者たちは懸念している。 ただ味が変わるだけではない。2020年カリフォルニア州で起きた大規模な山火事では、ナパのワインに灰皿のようなニオイが付着し、生産者たちをパニックに陥らせた。 今ワイン生産者たちは、温暖化が進む中で、これ...

「地球温暖化でワインの味が化学的に変わりつつある」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧