死者に花を手向けてきた人類 死と花と人のこれまでの歩みとは

心に残る家族葬

死者に花を手向けてきた人類 死と花と人のこれまでの歩みとは

死者に花を手向ける習慣は世界中でなされている。この最古の例として、イスラエル北部にあるカルメン山洞窟で、約1200万年前の墓地に花や茎の痕跡が発見された。花で飾られた墓は4基並び、その内2つは埋葬されていた。成人男性と性別不明の若者と断定された。1万5000年前~1万1600年前の中石器時代、現在のイスラエル・ヨルダン・レバノン・シリアで栄えたナトゥーフ文化の時代に生きた人々だったといわれる。 ...

「死者に花を手向けてきた人類 死と花と人のこれまでの歩みとは」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧