クチバシを失い生きることが困難となったインコ、人工クチバシをつくってもらい第二の鳥生を歩む

カラパイア

クチバシを失い生きることが困難となったインコ、人工クチバシをつくってもらい第二の鳥生を歩む
クチバシを失い生きることが困難となったインコ、人工クチバシをつくってもらい第二の鳥生を歩む

[画像を見る]pexels 鳥にとって嘴(クチバシ)は、手の代わりのようなものだ。餌を食べたり、巣作りをしたり、物をつかんだりよじ登ったりと、なくてはならないもの。 ブラジルで、激しくクチバシを損傷した野生のオウム目のインコが発見され、動物リハビリセンターに保護された。 同センターの男性は、獣医師の協力を得て、インコに機能できる人工のクチバシをつけてあげることを試みた。 手術は成功し、新たなクチバシ...

「クチバシを失い生きることが困難となったインコ、人工クチバシをつくってもらい第二の鳥生を歩む」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧