22年間便秘に悩まされた男性、直腸に詰まった13kgの便を摘出手術

カラパイア

22年間便秘に悩まされた男性、直腸に詰まった13kgの便を摘出手術
22年間便秘に悩まされた男性、直腸に詰まった13kgの便を摘出手術

[画像を見る]pixabay 便通は本来、毎日あるのが健康な状態だ。 3日以上でなかったり、便が硬くて量が少なく残便感があったりする状態を便秘というが、この男性はなんと生まれてから22年間、ずっと便秘の状態が続いていたという。 これは先天性の病気によるものだったのだが、そのことを知らなかった中国人男性は、22歳の時にようやく便の摘出手術を行った。 その結果、医師は直腸の一部をきりとり、約13kgの便を男性の体内...

「22年間便秘に悩まされた男性、直腸に詰まった13kgの便を摘出手術」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧