ADHDに進化上の利点。初期人類が食料を探し回るのに有利に働いた可能性

カラパイア

ADHDに進化上の利点。初期人類が食料を探し回るのに有利に働いた可能性
ADHDに進化上の利点。初期人類が食料を探し回るのに有利に働いた可能性

[画像を見る] 発達障害の一種であるADHD(注意欠陥・多動症)は、最近でこそその名が定着したが、落ち着きがない、様々なものに興味が移るといた特性はずっと昔から知られており、何世紀も前からさまざまな名称で呼ばれてきた。 最近の研究では、ADHDは特定の遺伝子が関与していて、遺伝性が高いことが明らかになっている。つまり、親から子へとその遺伝子が受け継がれており、ADHDに特徴的な特性は、大昔の人間の遺伝子に...

「ADHDに進化上の利点。初期人類が食料を探し回るのに有利に働いた可能性」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧