なじみのあるニオイを嗅ぐことがうつ病の症状回復につながるとする研究結果

カラパイア

なじみのあるニオイを嗅ぐことがうつ病の症状回復につながるとする研究結果
なじみのあるニオイを嗅ぐことがうつ病の症状回復につながるとする研究結果

[画像を見る] 昔よく聞いていた音楽を耳にすると、当時の記憶がよみがえってくるように、匂い(ニオイ)にも記憶や感情を呼び起こす効果がある。 なじみのある匂いを嗅ぐと、うつ病の人が特定の自伝的記憶を思い出し、回復を助ける可能性があることが、米ピッツバーグ大学医学部の研究によって発見された。 うつ病になると、人生における特定の記憶を思い出すのに苦労することがあるが、なじみのある匂いは、楽しかった記...

「なじみのあるニオイを嗅ぐことがうつ病の症状回復につながるとする研究結果」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧