南米ペルーで新種の鹿が発見される。シカ科最小種、プーズーの仲間

カラパイア

南米ペルーで新種の鹿が発見される。シカ科最小種、プーズーの仲間
南米ペルーで新種の鹿が発見される。シカ科最小種、プーズーの仲間

[画像を見る] ペルーのアンデス山脈中央部の乾燥地帯で、南米ではおよそ60年ぶりとなる新種の鹿が発見されたそうだ。 新種は「プーズー」というシカ科最小種の仲間で体高38cmと、柴犬ほどの大きさのこの鹿は「プデラ・カルラエ(Pudella carlae)」と名付けられた。 また、この発見はただ新種が見つかっただけでなく、かつて提唱された小型のシカグループ「プデラ属」の復活にもつながるという。・シカ科最小種、プーズー...

「南米ペルーで新種の鹿が発見される。シカ科最小種、プーズーの仲間」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧