約4万年前にマンモスの象牙で作られた世界最古の馬の彫像

カラパイア

約4万年前にマンモスの象牙で作られた世界最古の馬の彫像
約4万年前にマンモスの象牙で作られた世界最古の馬の彫像

[画像を見る]image credit:de.Wikipedia.org (CC BY-SA 4.0) これは人類がマンモスの象牙を彫って作った最古の馬の彫像で、ドイツのフォーゲルヘルト洞窟で発見されたものだ。 4万3000年~3万5000年前の後期旧石器時代にフランス、ピレネー地方を中心とする地域でオーリニャック文化を築いた我々の祖先、初期のホモ・サピエンスの手によるものとされている。 この地域は、ネアンデルタール人がいた地域とかぶっているため...

「約4万年前にマンモスの象牙で作られた世界最古の馬の彫像」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る