4世代連続も…生活保護受給者増につながる負の連鎖

デイリーニュースオンライン

貧困を根本から解決するのは難しい
貧困を根本から解決するのは難しい

1995年に100万人を切っていた生活保護受給者数は、2014年には約216万人にまで増加した。京都府のある自治体の生活保護担当者のひとりは、「世間ではアベノミクスの活況といわれるが、景気動向に関係なく生活保護受給申請を行なう人は肌感覚で増えてきている」と話す。 生活保護受給が世襲される理由  こうした新規申請者のなかには、生活保護世帯(ケース)の2世、3世、最近では4世まで見受けられるという。前出の生活保護担...

「4世代連続も…生活保護受給者増につながる負の連鎖」のページです。デイリーニュースオンラインは、日本の貧困貧困大阪生活保護社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧