オウム残党が貧困ビジネス「行きつく先は生活保護」

デイリーニュースオンライン

高齢者が多いとされる「ひかりの輪」
高齢者が多いとされる「ひかりの輪」

地下鉄サリン事件の発生から3月で20年を前に、希代のテロ教団が再注目されている。  東京地裁では、「オウム最後の逃亡犯」として17年の潜伏生活の末に逮捕された元信者・高橋克也被告(56)の裁判員裁判の真っ最中。テレビでも、事件を振り返る特番が相次ぎ放送されている。  オウムは事件後に解体され、「Aleph(アレフ)」と「ひかりの輪」に分裂。ちりじりになったオウムの残党たちにも時代の波が押し寄せている。  ...

「オウム残党が貧困ビジネス「行きつく先は生活保護」」のページです。デイリーニュースオンラインは、日本の貧困貧困宗教生活保護裏社会社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧