24時間テレビの募金額2億3726万2909円 一方番組の制作費は数十億円に疑問? (1/2ページ)

ゴゴ通信

24時間テレビの募金額2億3726万2909円 一方番組の制作費は数十億円に疑問?

8月22日、23日に放送された『24時間テレビ38 愛は地球を救う』の募金額は2億3726万円だという。この金額は番組内で発表された金額で現在はもっと増えているだろう。

今年はきゃりーぱみゅぱみゅさんや羽生結弦さんらがデザインしたスマイルTシャツを着て出演。恒例のマラソンはDAIGOさんとなった。DAIGOさんは3ヶ月のトレーニングでなんとか100キロ達成。途中ワープしているのではと言われていたが、ネットの追跡班の結果、不正無く100キロ走っていたことが判明。むしろ100キロを少しオーバーしていたという報告も。

制作費が募金額を上回る

そんな24時間テレビではチャリティー募金が行われ全国で集められた募金額は2億3726万2909円。集められた募金は全て寄付されることは間違い無いが、気になるのが毎年言われている番組制作費。
下記に番組制作費一覧を並べてみた。その中でも一際目立つのが日本テレビの『24時間テレビ』である。40億円という数字は過去の制作費であり、現在は減っている可能性もある。しかし数十億円掛かっていることは確実。

海外では完全ボランティア

アメリカで40年以上続いているチャリティー番組『レイバーデイ・テレソン』は出演者は全てノーギャラ。フランスで行われている『テレソン』も同じくノーギャラ出演だ。大物歌手やタレントがチャリティーで出演するのである。しかし日本テレビの『24時間テレビ』はノーギャラではなく、出演者にはギャラが支払われる。ネットでは「偽善」「制作費を寄付しろ」という批判の声まで挙がっている。それだけでなく、ビートたけしは『24時間テレビ』に対して批判しており「偽善番組が嫌いだから断った」としている。

海外は何故無償で番組が制作出来て、日本ではそれが出来ないのだろうか。

注目記事
「24時間テレビの募金額2億3726万2909円 一方番組の制作費は数十億円に疑問?」のページです。デイリーニュースオンラインは、レイバーデイ・テレソンテレソン募金DAIGO日本テレビエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧