『デスノート』視聴率好調も「原作を無視しすぎ」な演出に非難殺到 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「デスノート」公式サイトより
「デスノート」公式サイトより

 人気コミックが原作のTVドラマ「デスノート」(日本テレビ系)。23日に放送された第8話は視聴率11.4%をマークし、3週連続で2桁台の好調をキープした。しかし演出で2つの重大ミスを犯し、原作ファンを中心に、怒りを通り越して笑いが巻き起こっている。

●注目記事:海外で大人気の“焼かない日焼け”で小麦肌のオレ様になる!!

原作無視の演出に非難の声

 第8話ではTVドラマオリジナルのストーリーが展開された。“第3のキラ”の火口卿介が死亡し、「このノートに名前を書き込んだ人間は13日以内に次の名前を書かなければ死ぬ」というルールがあったことで、キラの疑いが晴れた夜神月は、再び捜査に関わることに。

 月は一方で、同じく疑いをかけられていた弥海砂に、森に埋めた赤いデスノートを掘り起こさせ、“死神の目”でLの本名を暴こうとする。原作コミックでは、海砂が記憶を取り戻してストーリーが展開するが、ドラマ版では海砂が暴漢に襲われ、デスノートを奪われ……。

 その後、「キラと決着をつける」と意気込むLが、人のいない廃墟内に月を呼び、デスノートを手に「誘惑に負けたの? 」「君を止めてあげたいんだ」「だって友達だろ? 」「負けを認めてよ」と感情論で訴えかける。

 Lの訴えに気持ちを高ぶらせ、月はキラであることを自白。そしてキラとL(後にニア)の緻密な頭脳戦が真骨頂の本作で、まさかの肉弾戦が始まる。この感情的な訴えかけ・アクションで畳みかけるという原作無視の演出に、SNSやネット掲示板では指摘や非難の声が噴出。怒りを通り越し、笑いすら生まれている状況だ。

ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧