たかじんさん弟子「さくら夫人側」を提訴意向も百田尚樹氏は沈黙…“大放言”どこへ?

デイリーニュースオンライン

百田尚樹氏のメルマガHPより
百田尚樹氏のメルマガHPより

 やしきたかじんさん(享年64)の妻・さくら夫人を巡る“殉愛騒動”に、大きな動きがあった。さくら夫人がたかじんさんの元弟子で歌手・打越元久氏(57)に対して損害賠償を求めた裁判が8月31日、大阪地裁で結審したのだ。裁判所は双方に和解を勧めたものの、9月中に両者が応じなければ10月28日に判決が言い渡されることとなる。そして裁判後には打越氏、被告人承認で出廷したたかじんさんの最後のマネージャー・K氏が会見を行い、K氏は今後さくら夫人と百田尚樹氏(59)を逆に訴えることを示唆したという。

 2014年秋に勃発した“殉愛騒動”は、たかじんさんの最後をつづった百田尚樹著『殉愛』(幻冬舎)の内容が「さくら夫人に寄りすぎている」として、各方面から批判が巻き起こったことから今日に至る。また、さくら夫人に関してもネット上で、過去の結婚歴や裁判沙汰が暴露されるなど、たかじんさんとの“殉愛”自体がが疑われる展開に。

百田氏“大放言”のわりには殉愛騒動の記述は皆無

 K氏は「最後は自分が行かないと、騒動は終わらないと思っている」として、原告のさくら夫人、難しければ百田氏を提訴する意向を示しており、ネット上では

「この顛末はたかじんさんが一番気の毒だ」
「事実でない事があるのならちゃんとハッキリさせるべきでしょう」
「あの奥さんのせいで晩節を汚してしまったような気がしてなりません」
「嫁はともかく百田はなんで親族でもないのにでしゃばるんだろう」

 と、再び騒動が注目を集めている。

 また、『殉愛』の内容で名誉を傷つけられたとして、2014年11月にはたかじんさんの長女が出版元の幻冬舎に出版差し止めなどを求めて提訴。こちらは第5回口頭弁論が8月28日に東京地裁で行われており、10月にも公判を控えている。

 さらにさくら氏は、名誉を傷つけられたとして映画評論家・木村奈保子氏を提訴していたことが判明。木村氏が自身のTwitterで「先日訴状が届きました。原告はさくら氏、被告は木村奈保子。名誉毀損660万円です」と明かしたもので、こちらの行く末も注目を集めている。

 そして長女による『殉愛』差し止め請求裁判が開始される際に、もう一方の渦中の人・百田氏は自身のTwitterで過去に

「裁判となれば、今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する。一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか、すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ」

 としていたが、8月16日には

「普通に考えて裁判中のことを本にできるわけがない。『殉愛』には何一つウソは書いていない。裁判が終わったら全部書くから、それまで待ってろ!」

 とネットユーザーに対して“宣戦布告”を行った。百田氏が8月に発表した新著『大放言』(新潮新書)には、『殉愛』に関する記述がないため批判が殺到することとなり、これに反論した流れだが、「法廷に提出」するというくだりを無視して「裁判後に全部書く」とすり替えを行ったため、ネット上では

「悪いけど、これは潔く負けを認めたほうが良いと思う」
「書く書く詐欺」

 と失笑を買う有り様となっている。

 たかじんさんの死後1年半を経過しても、さくら氏の裁判や百田氏の“放言”と、双方による訴訟合戦で尾を引くどころかさらに波紋を広げている“殉愛騒動”。すべての決着を迎えるのは、果たしていつの日になるだろうか。

(文/一樹守)

「たかじんさん弟子「さくら夫人側」を提訴意向も百田尚樹氏は沈黙…“大放言”どこへ?」のページです。デイリーニュースオンラインは、百田尚樹やしきたかじん炎上芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧