ベッキーはもう観たくない!「嫌われキャラ」になってしまったワケ

東京独女スタイル

ベッキーはもう観たくない!「嫌われキャラ」になってしまったワケ
ベッキーはもう観たくない!「嫌われキャラ」になってしまったワケ

バラエティ番組「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)が、10月から2時間枠に拡大することが発表された。

この発表に、ネットでは「ベッキーは観たくない!」との反発の声が高まっている。

◆ネット女子「ベッキーはもう飽きた」と猛反発!

女性向け掲示板「ガールズちゃんねる」では、同番組に出演しているベッキーに対するコメントが集中。「2時間も彼女を観たくない」という反対の声が多く見られた。

「ベッキー見ると胃もたれ状態」

「ベッキー自体が飽きられてる」

「元気の押し売り、もう飽きた」

「ベッキーの過剰な元気と気遣いは、見てて疲れる」

「ベッキーは見たくない 」

同番組のMCを努めるだけでなく、メイン企画を担当しているベッキー。彼女の元気で明るいキャラクターを「観ていて疲れる」と感じているネット女子も多いようだ。

◆ベッキーのイメージ崩壊!?いつの間にか「嫌われキャラ」に

さらに目立ったのが、ベッキーに対するネガティブコメント。ネットの声を見てみよう。

「ベッキー昔は元気な女の子だったけど、今やうるさいオバサン」

「ベッキー人気急落したね 。まぁ鬱陶しいのはわかるけど。何でもかんでも出すぎるとダメだね」

「いつの間にかベッキーってすごい嫌われてるね」

「『木部さんこと、ベッキーでしたー!!』 ほら私芸能人よ!すごいでしょ?って感じがうざい」

「ベッキーは元気で明るくて好感度も高いってイメージなんだろうけど、最近はお局様みたいになってきてキャラを維持できてないよ」

好感度ランキングで常に上位にランクインしているにも関わらず、厳しいコメントが目立ったベッキー。彼女の持ち前の明るさと元気が、ネット女子にとっては消化不良となるほど強すぎるのかもしれない。

子供の頃からテレビで活躍していたベッキーも、今や三十路。そろそろキャラを変える必要があるのかもしれない。



(ライター/加藤 パンダ)
こんな記事も読まれています
ページの先頭へ戻る