国分太一の結婚が祝福されたワケ…「ジャニーズと結婚」考察|DJあおいコラム (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

白熱ライブビビット公式HPより
白熱ライブビビット公式HPより

DJあおいの「じゃあ言わせてもらいますけど」

 9月11日、TOKIOの国分太一が3歳年下の元TBS社員の女性と入籍したことを発表、9月15日には記者会見を行った。突然の発表で芸能界を驚かせたのだが、ジャニーズ最大のタブーである結婚はなぜ許されたのか。恋愛オーソリティDJあおいが斬りこむ──。

「適齢期になったら遠慮なく結婚すべき」というジャニーさんの今回の名言。個人的には「YOUがCANと思うならDOすればいいじゃない!」とジャニーさんぽく言ってほしかった……。まぁ、そんなことはどうでもいいんですけども。

 国分さんもジャニーさんに結婚を報告する際に不安だったと言っているように、何かしらの圧力というものは感じていたと思うんですよね。それは同じTOKIOのメンバーで既婚者である山口さんが結婚する際に感じとったものなんじゃないかと思います。「ジャニーさんを説得するのは、かなりめんどくさいぞ!」という空気を山口さんから学んだ結果の「不安」だったんじゃないでしょうか。

 このジャニーさんの圧力はSMAPの木村さんやV6の井ノ原さん等も当然味わったものであり、それは各グループのメンバーも感じとっていたものだと思うんです。当然安易に結婚はできないなという空気が蔓延しますからね。それが結果的に「結婚は各グループに一人だけ」という都市伝説に繋がったんじゃないのかなと思います。

頑固親父を説得するような怖さ

 その圧力とはジャニーさんなりの「親心」というものなんじゃないですかね。要するに、頑固親父を説得するような怖さがその圧力の正体だと思いますよ。グループ内で二人目の結婚となれば、当然それ相応の覚悟は必要なものになります。その覚悟を持たせるための頑固親父の圧力。だから国分さんの結婚報告は、覚悟の有無を確かめる必要もなく祝福するものとして認められたんじゃないかなと思います。

 じゃあグループ内の二人目以降の結婚はわりと簡単なのかと言われたらそうでもないと思うんですよね。そこはやっぱり個人のスキルによって返事は異なると思います。国分さんがもし女性の独占欲を煽るようなアイドルだったとしたら。もしファンにウインクをしただけで「キャー! 国分さんがわたしにウインクしたー!」と勘違いして卒倒するような女性ファンばかりだとしたら。「国分さんはわたしのものよー!」と殴り合いの喧嘩をしてしまう勘違い女性ファンばかりだとしたら。ジャニーさんはおそらく首を縦にふらなかったんじゃないでしょうか。

「国分太一の結婚が祝福されたワケ…「ジャニーズと結婚」考察|DJあおいコラム」のページです。デイリーニュースオンラインは、女子ジャニーズ恋愛芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧